« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月29日 (土)

皆がやりだしたら・・・

フィリピンで仕事・仕事のReacoさん

Philippine便りのGさん

皆がやりだしたので、うちもやります(笑)

うちは結婚して2年ちょい。奥さんは現在妊娠8ヶ月。腹はでかい。

私が見た評価です。

家族の仕送り・・・・・・・・・・・・・・・・・・あります(今は減額してます)

奥さんの家族のトラブル事・・・・・・極稀にあります

お金頂戴・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・たまにあります

突然のトラブルで仕送り・・・・・・・・稀にあります

何か買って・・・・・・・・・・・・・・・・・・極稀にあります

ワン切り・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ありません

日本料理の嫌い・・・・・・・・・・・・・稀にあります

小銭を勝手に使う・・・・・・・・・・・・ありません(私が使います)

友達がよく居る・・・・・・・・・・・・・・ありません(友達少ないですから)

人の物を雑に扱う・・・・・・・・・・・・ありません(私の方が壊します)

こづかい・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ありません

他人を不快な気持ちにする行動・・ありません

国際電話カードをチャージしてきて・・・・・・あります

友達との外出・・・・・・・・・・・・・・・ありません(私ばかり)

日本人だから・・・・・・・・・・・・・・・稀にあります

フィリピン人だから・・・・・・・・・・・・あります

めんどくさがり・・・・・・・・・・・・・・・あります

奥さんが怒るポイント(私に対して)

私がパソコンばかりしている時

日本語の下手を指摘した時

お酒の匂いをしながら帰宅した時

家事について指摘した時

布団の中で臭いおならをした時

一緒に湯船に浸かっている時におならした時(激怒)

仕事から帰って脱いだ靴下を顔に向けて投げた時(大魔神)

私が運転しながら女の子を眺めていた時(耳を抓る)

奥さんが怒るポイント(他人に対して)

日本人を騙しているフィリピン人に会った時

私に馴れ馴れしく、ベタベタと触る女性に遭遇した時

自分の自慢ばかりする人に遭遇した時

わがままなフィリピン人に遭遇した時

日本人みたいなところ

電気は居る所だけ

私が食べないと自分も食べない(こっちが気を遣う)

静かな時

何か食べてる時

眠い時

怒られた時

うるさい時

機嫌が悪い時

腹が減った時

頑張れば出来そうな事

日本語の勉強

お昼はずっとソファで寝ない

外に出て歩く

近所のスーパーへの買い物

私が嫌いな事

怒るとすぐ泣く

返事をしてるが話を聞いていない時

私が居ないとフィリピンチャンネルしか見ない

ベッドで寝てる時に私のちんちんを握り、私がその気になった時には寝てる事

いつも肝心な物を忘れる

勉強が嫌い

物は無くなってから言う。食べ物も同じく

良いところ

着替えは着る順番に差し出してくる

耳掻きは奥さんがする

日本料理をどんどん覚えて、味もうまい

常に私を一番に優先する

爪きりも奥さんがする

起きる時間が過ぎてても、「かわいそうだから」と起こさない

こんなに書いていいんやろか・・・(汗)

何だか、恥さらしな気がしてきた・・・。

奥さんが日本語が いまいちでよかった・・・(-。-;)

| | コメント (11) | トラックバック (3)

2006年4月27日 (木)

めっちゃムカついた~!!

今日はアサワの定期健診日でした。

いつものように病院に行き、診察券を出して待っている。

すると、前を通るおばはんがジロジロとこっちを見ている。

「ん?何かあるのかな?」と周りを見ても何もない。

とりあえず、気にしないでウトウトしてる。

ふと、見渡すとさっきのおばはんが近くにいた(汗)

まだ何か言いたげなのである。いったい何なんだ(汗)

するとおばはんが聞こえるように(絶対わかってて言ってる)「今時の人は、何を考えてるか解らないわね~。子供でも関係ないのかしら・・・」と言っている。顔はこっちを見てないが、絶対私たちに言ってる!!

怒りを抑えて、知らん顔をしている私。

すると、いきなりおばはんがこっちを向いて、「あら?若いわね。あなたはいくつ?」と嫁に聞いてきた。

嫁は「29歳です」と答えたら、おばはんは「は?29?14歳くらいと思ったわ」と一言。

私は、ピクリと反応。嫁は怒っている。変な目で見るおばはん。

私は我慢できずに「うちの嫁が何かしたか?さっきから失礼な事ばかり言ってるが何やねんな!うちの嫁が何歳だろうが関係ないやろが!!」と心で叫ぶ。

しかし、嫁の顔は完全に怒りが限界である(汗)

二人でおばはんを睨みまくっていると、おばはんは気まずそうに 何処かに行ってしまった。嫁の顔はまだ大魔神のままである。

そうしてる間に順番がきて診察室に入る。

先生がエコー(超音波画像)でお腹の子供を映している。子供はとても元気で動き回っている。今日も性別が間違いないか確認してもらう。

先生はいつもよりかなり長く見ている。俺も息を飲みながら画面を見る。どうやら・・・・ 結果は産まれてから報告しよう。

いつしか、嫁の顔は大魔神から戻っていた。

診察も終わり、病院を後にする。

帰り道、フィリピンフードのサリサリショップに寄ると知ってるフィリピン人がいた。

嫁とは初対面。やはり歳の事を聞く。嫁と私は予想通りに「本当に29歳?子供みたい~」と言われ、また大魔神がやってきた(汗)

家に着いたら、近所の人が変な目でみる。「こんな子をはらませて・・・」の目だ(汗)

もうやめてくれ・・・(汗)

確かにうちの嫁は若く見えるが、子供じゃない・・・(泣)

大魔神様~怒りをお鎮めくださ~いm(_ _)m

対人恐怖症になりそうな一日だった(汗)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年4月26日 (水)

出会い⑧

なんかシリーズものみたいになってきたなぁ(汗)

出会いシリーズ第8話(笑)

空港からのその後!!

空港にて彼女の家族に合流、初めて見る家族と彼女の子供。

皆が引きつった笑顔で迎えられて迎えの車に乗り込み、疲れからウトウトしだした俺。

車が走りだしてすぐに「ガタン!!」と車が何かに乗り上げた感じがした。

私は「何だ?どうした?」と周りを見る。そんな私を彼女や家族は不思議そうに見る。

彼女にさっきの揺れを聞くと、どうやら道路のhumpsと言って徐行する場所には10cm~15cm位の盛り上がりを施してある。

「ほぉ~・・」とフィリピンの道路状況を新鮮に感じる。無視して行けば、車のサスペンションが壊れてしまうと言って、皆が減速するそうだ。

眠気はあるが、異国の地に緊張とときめきが入り混じり眠れない・・。

彼女を通して子供に話し掛ける。子供は恥ずかしそうに異国人(私)を彼女の陰から見つめる。彼女は一生懸命に子供に話しを勧める。

なぜなら彼女とはある約束があるからだ。

それは、

①私がフィリピンに行って彼女の家族に会い了承をもらうこと。

②子供に会い、帰るまでに子供が本当に私の子供になるのか子供に確認する。

③私が子供に会い、子供を自分の子供として受け入れられるか。

以上の事がクリア出来なければ結婚出来ないと話しをしていたからだ。

子供を彼女から切り離す事は出来ない。なので、子供をかなり重視していたのだ。子供をフィリピンに置き去りに彼女だけ日本で暮らし続けるのは出来ない。いずれ、私が子供を引き取りたいと考えていたので、子供がどの様に感じるかが気になっていた。

しかし、まだ子供は俺との距離を保つ・・・(汗)

そんな子供に寂しさを感じつつ、久しぶりに会う彼女との会話が弾む。

「まだか?」と聞いたら、「ん?まだマニラよ。今から5時間位」とさらりと言う彼女。おいおい・・・・(汗)

車に揺られる事5時間少々。外はぼんやりと明るくなり、景色が見えてきた。道路以外、何も無い・・・(汗) これは予想以上だ(汗)

幾度となく、町を通り過ぎていく。しばらくすると、車が国道からそれて行く。

彼女を起こして、近いのか聞いてみた。「もうすぐだよ~」と言って起き上がる。私も座りなおす・・・ん?・・・足はむくみ、しびれている。腰は激痛が走る。

そう、同じ姿勢で5時間以上座っていたので、体がガタガタである。そりゃそうやわな・・・(汗)

彼女の家に着いた。家から家族がゾロゾロと出てきて初めて訪れてきた日本人に物珍しさなどの興味本位な視線を感じる。

着いた場所はNUEVA ECIJA州(州でいいのかな?)SAN JOSE CITY。

マニラから昼で6~7時間、夜で5~6時間ほど北上した田舎町である。

景色は田畑が数キロ先まで見える平穏な雰囲気である。

家に辿り着くまでに、書き込みが長くなったので、今日はここまでにしよう。

今度、書く気になったら続きを書きます。

おやすみなさいzzzzz

Img_0231_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月24日 (月)

小さなお姫様は・・・

今日、仕事の合間に取引先の通り道にあるベビー用品店に行ってみたんです。

アサワのマタニティウェアやベビー用品を買おうと思って。

店内を色々見てると、うちのアサワに買ってあげたいマタニティウェアがいっぱいあったんです。

でも・・・・

サイズが無いんです(泣)

うちのアサワは小さくて、145cmあるかないか位なんです。

もちろん、サイズはSサイズ。

いつもの普段着でも、大人サイズのコーナーでは無くて、子供服のコーナーで150とか160と札の付いてるやつを買うんです。

当然、日本人向けの妊婦さん用なんてサイズが合いません(泣)

うちのアサワには、普通の大人サイズの服がマタニティウェアになるんです(笑)

マタニティウェアって高いですよね。うちは買った事も無ければ、買う予定もありません。と実感した寄り道でした。

アサワは、妊娠して5kg太って43kg、145cm前後。

小さなお姫様は、はちきれんばかりのお腹ですが、今日も服には150と書いたタグがありました。

小さなお姫様に乾杯(笑)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年4月23日 (日)

不思議な、お腹。

今日は、アサワコのお腹について凄いと思うこと。

それは、今うちのアサワは妊娠8ヶ月なんですが、凄い大きく見えるんですが・・・(あせ)

うちのアサワは体が小さいんです。身長は約145cmくらいですかね。

たまに一緒に出掛けてると、娘と父に間違われます。マニラの空港スタッフ(税関前にいる)にも、親子(娘と父)に間違われアサワは激怒してました。私は、大爆笑でしたが(笑)

そんなアサワが、日本人の子供を宿してるんです。私はそんなに大きくはないですが、170cmぐらいです。

最近、アサワはお腹が痛いとよく言います。肌が伸びる限界らしいです。下腹は筋が伸びきって、かなり痛そうです。

まだ、出産まで2ヶ月ほどあるのに、どうなるんでしょうか。

しかし、女の方は凄いですね。体は小さくても、子供のサイズは私のサイズですからね。お腹の拡張率が凄いんです。そんな、女体の神秘に日々驚いてます。

Photo_3

恋する指さし会話帳〈3〉フィリピン語編 恋する指さし会話帳〈3〉フィリピン語編

著者:白野 慎也
販売元:情報センター出版局
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月21日 (金)

出会い⑦

いよいよhonnyが1月末に帰る事が正式に決まった。

私は会社に休みを申請するが、立場上抱えている仕事も多く休みは取れず一緒にフィリピンに行くのは無理になった。

仕事の為、見送りも行けず2月に私も行く事だけを約束し、honnyはフィリピンに帰った(泣)

2月9日頃だったと思うが、チケットを取りいよいよフィリピンに行く日が近づいてきた。

なんせ、フィリピンどころか海外に行くのは会社の慰安旅行で行った韓国のみである。一人で海外に行くのに言葉もわからない国に一人で行くのだから、今思えばなんとも無謀な話である。

当日になり、いざフィリピンへ。

飛行機に乗る前にhonnyに国際電話して到着時間を伝え、迎えにきてもらう段取りをした。

飛行機に乗るとなんとフィリピン人の多いこと。タイミング的にタレント達の帰国とかぶっているようだ。隣にはフィリピン人の2人組が座った。いつもの事だがフィリピン人に間違われる(汗)

機内食も食べ終え、緊張から寝ることも出来ず、隣のフィリピーナと話をしてみた。彼女達は2回目の訪日でした。やはり、それぞれ旦那も子供もいるらしい。ほんとにフィリピン人は結婚も出産も早いのである。

そんなこんなでフィリピンに到着。

飛行機を降りると、時々見かけた日本人がいない・・・(汗)

言葉も通じず入国手続きに向かうが、記入の仕方もわからない。オドオドしてると空港スタッフが寄ってきて片言の日本語で教えてくれる。当然、記入し終えると、手を差し出しチップを要求してきた。出す気は無かったが、今回ばかりは、解らないことだらけなので、仕方なく500円だけ払う。向こうは1万円とかぬかすので、千円払おうと思ったがムカついたので500円にしたのだ。不満そうな顔でも、しっかりもらう物は受け取るのである(笑)

入国手続きを済ませ、荷物を待つが出てこない・・・(汗)

30分以上待った後、やっと出てきた荷物を持ってゲートをくぐる。

ゲートの向こうはたくさんのポン引きのような、タクシーやホテルをあっせんする男がたくさん寄ってくる。この時、半分パニック状態で、泣きそうである(汗)30分ほど建物から出て行く勇気が無く、帰りたくなっていた(泣)

30分ほどして落ち着いてきたので、何とか待ち合わせ場所まで辿り着く方法を考えていると、また男が来た。

当時、私の携帯は海外では使えなかったので、待ち合わせ場所までエスコートすると言う男に携帯を借りてhonnyに電話する。建物を出てまっすぐ道路を渡り、駐車場のA・Bと書いた方にくれば居るという。男と一緒にスロープを下りて行くと、また道路がある。道路の向こうは凄い人がいる。

私とエスコートの男はhonnyを探すが見つからない。男は時間が掛かると諦めて、荷物カートを私に託し、チップを要求してきた。私は見つかるまでダメだとチップを払わず、強引にhonny探しを手伝わせた(笑)

男の携帯から再度honnyに電話して、ここまで迎えに来させる事にした。それからhonnyが来たのは10分後、なんとお腹が空いてたので、駐車場内にある露店で食べ物を買いに行っていたらしい。日本から来たのに何て冷たいんだ・・・・と思っていた。

エスコートの男がまだ、チップを欲しそうに私の顔を見ている。こいつも1万円とかぬかしているので、千円だけ渡してやった。

しかし、honnyの顔を見ると今までの不安が吹っ飛んだ(笑)

家族と子供の向かえを受けて、田舎へ移動開始である。田舎までは車で5時間(昼なら6~7時間)の道のりらしい・・・(汗)

初めての一人での海外で車に乗ってしばらくすると寝てしまった。

つづく・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出会い⑥

さて、出会いの続きを書こうかな~。

先回までで、付き合う事になりお店に通う私と、お店が終わって2時間のアフターデート・・・休日はもちろんお泊りデート・・・。

そんな生活が3ヶ月ほど過ぎた頃、サラのサヨナラパーティの知らせが・・・・。

そう、私のhonnyが6ヶ月の興行を終えて帰る日が近づいたのである。

年の瀬が近づく12月に入った頃でした。

帰る前にクリスマスがあり、またお店のイベントもある。もちろん、クリスマスイベントはフル出勤(オープンからラストまで)である。

他の客に俺のhonnyを渡すものか~~!!と息巻いて、ママにゴマをすり他の客の指名をさっさとチェンジさせる(笑)

クリスマスイベントも終わり、もちろんアフターにて私の部屋で仕切りなおして乾杯。

その時に、帰国する話になりお互いの本音の気持ちを伝える。彼女も私の事を本気で愛してると言ってくれていた。彼女には子供がいる事も以前に聞いていた。未婚の母なのである。

年末には正月休みももらえるとの事なので、二人で私の実家の父に(母はいない)挨拶に行くことにした。

年末の29日でお店が終わり、閉店後迎えに行き、ママに必ず連れて帰る事を約束して部屋に連れて行った。

取り合えず、朝まで寝て翌日の昼前に起きた。いよいよ私の実家のある大阪に出発する。私の車の助手席でhonnyは緊張しているようだ。

honnyは日本に来てからほとんどは、お店とお客との食事しかしたことがないので、道中の景色が気になるようだ(笑)

変わりゆく景色を見ながら、いつしか笑顔ではしゃいでいる。私はちょっと回り道をして生駒山で夜景の綺麗な場所に連れて行き、大阪の夜景を見せることにした。夜景ポイントに着いたのは午後8時頃、丁度良い時間帯である。honnyは食い入るように夜景を眺め、笑顔ではしゃいでいる。私はその様子を見て、笑顔に見とれる。

山を下りて実家に向かう。近くまできた事を告げると、緊張した様子だ。私も緊張してきた。実家に着いて父に紹介を済ませ、食事にありつく。父は寿司を取っていた。

私もhonnyも寿司は大好物である。食事を済ませ、彼女が帰国することを話し、結婚したいと伝えたら、父はあっさり「自分の決めた事なら、頑張れ」の一言で歓迎してくれた。私も、honnyもホッと顔を見合わせる。

実家への挨拶も済ませ、実家にて年を越してあっと言う間の4日間が過ぎ自宅への帰路についた。

つづく・・・

ガイドブック D27 フィリピン ガイドブック D27 フィリピン

著者:地球の歩き方編集室
販売元:ダイヤモンド社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月19日 (水)

新車が納車♪

先ほど、フィリピンから連絡がありました。

なんと先日渡比した時に注文していたバイクが納車されたとのこと。

バイクはトライシクルの為に購入したのですが、やっと納車されて親戚中でテスト走行に明け暮れてるようです。

いいなぁ~・・・俺が乗りたいのに~(泣)

ちなみに納車されたバイクはこんなんです↓060317_1422

これにサイドカーを付けてトライシクルにするんです。

トライシクルって知ってますか?

サイドカー付きのバイクで、タクシーのように使うのですが庶民の一般的な移動手段ですね。

ちなみにトライシクルとはこんな感じです↓

Img_0252_4

このサイドカーに何人乗ると思いますか?

中のシートに大人2人、バイク横に1人、ステップに1人、ドライバーの後ろに2人、サイドカーの屋根の上に1人、サイドの後ろの折りたたみ式の荷台に1人・・・  とにかく乗れるだけです(汗)

どうです?乗ってみたくなったでしょ?

黒ひげ危機一発 レイザーラモンHG 黒ひげ危機一発 レイザーラモンHG

販売元:トミー
発売日:2005/12/30
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年4月17日 (月)

真実の愛

さっき、お気に入りのブログ見てたら2年前の自分を思い出した。

みんな真実の愛って、手に入れた?

あいのりでも言ってるが本当にあるのか・・・?

自分は真実の愛を手に入れたと言う人もいるだろう。

私も真実の愛を手に入れたと思っている(思い込みかも知れないけど・・・)

そんな、気持ちを思い出すブログなので皆さんも見てほしいなぁ。

http://tokimekipp.blog49.fc2.com/tb.php/67-efcae325

集客の素

| | コメント (1) | トラックバック (0)

『感じる・・・』

最近、うちのアサワが変な日本語を使う事が多い。

一番気になるのは、『感じる~・・・』と言う言葉だ。

私の教え方が悪かったのだろうか・・・(汗)

例えば、脇をくすぐっても『感じる~・・・』と言う、

足をくすぐっても『感じる~・・・』と言う、

腰などをマッサージしても『感じる~・・・』と言う、

足がしびれても『感じる~・・・』と言う。

男なら『感じる』と言われれば、ドキドキしてしまう・・・・・のは俺だけだろうか(照)

家の中ならまだしも、外で『感じる~』と言われた時には、こっちが周りの視線を感じてしまう(笑)

なんとか正しい日本語を教えねば・・・と思う今日この頃です。

女性による女性のための e-ビジネス虎の巻

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月13日 (木)

路上に倒れた老人んが・・・

さきほど、家の近くの一方通行を走行してると、道端に何か大きな塊が見える・・・

車の速度を落として、ゆっくり近づくと自転車に絡まった状態で老人が倒れている!

車を停めて、近づくと老人が自転車に奇妙な絡み方をしたまま動かない・・・(汗)

私は老人に声を掛ける「おじいさん、大丈夫ですか?どうしたんですか?」と声を問いかけた。

おじいさんは「大丈夫、大丈夫」と言うだけだ。

大丈夫と言うが動けないようなので、おじいさんに声を掛けながら自転車を外してあげる。

しかし、おじいさんはうずくまったままである。

話しかけても大丈夫しか言わない。仕事の時間が迫る。

もう一度おじいさんに「本当に大丈夫?」と確認すると、おじいさんは「お世話掛けました」と言って自転車の横に座り込んだ。

私はおじいさんが、ちゃんと帰れると言うので、心配だがその場を離れる。

仕事を済ませ家路につく私は、先ほどの場所に近づくとおじいさんを思い出していた。

どうしても、おじいさんが気になるので、回り道をして先ほどの場所に向かう。

先ほどの一方通行に入ると車のヘッドライトをハイビームにして、覗き込む・・・

すると、やはり路上に何かがあるように見える。

まさかと思い、近づいて見ると やはりおじいさんがいた。

路上で寝転がっている。あれから1時間が経っている。

声を掛けると、「大丈夫~」と言っている。

抜け道なので、ちょこちょこと車が通る。私も最初がゴミ袋のように見えたので、通る車も人とわかりづらいと思う。

その時、車が近づいてきたので、手を振って徐行を促すがすごいスピードで近づく・・(驚)

おじいさんのすぐ横をそのまま通り抜ける。まったく・・・今の人は危険な運転だわ・・。

私はとりあえず、110番に電話してパトカーを呼んだ。

警察が来るまでおじいさんに話し掛けて状態を確認すると・・・・・

なんと、おじいさんは仕事帰りに一杯飲んできたらしい・・・・(呆)

酔っ払いである・・・(汗)

しかも、座り込んだままオシッコをしている・・・(泣)

とりあえず、警察が来るまではと思い、路上から立たせて道路脇に移動させる。

しかし、座らせて手を離すと、また路上まで寝返りをうつ・・・

そこへ、パトカーが来た。

警察官に発見した時からの状態を説明する。警察も呆れ顔である。

しばらく、警察官が話しかけたがおじいさんは、夢心地・・・(汗)

結局、警察署に行って所持品から確認した住所に送っていくとの事。

警察官の一人から「おじいさんの為に貴重な時間を取らせました。ありがとうございました」と一礼され、その場を離れ家に帰った。

アサワに先ほどの一件を話して、ふと思った。

私がいる間だけでも数台の車が通り、戻ってくるまでの1時間にもたくさんの車が通っているはずなのに、誰も気に留めない。

おじいさんが夜道に倒れているのに、誰も助けてあげない。

もし、私が通報しなければ車にひかれるか、風邪でもひいていただろう。

これが今の日本なのかと思うと、少し寂しさが込み上げてきた。

悲しい世の中である・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月10日 (月)

血液型って・・・

血液型って気にします?

私はB型なのですが、今まですごくO型の人と付き合った事が多く、相性的には良いと思ってたんです。

さきほど何気なしにブログ検索してたら面白いブログを発見したので紹介します。

読んでみると「あるある~!」とか「当たってる~!」と声をあげたくなる内容でした。

ちなみにうちのアサワはB型ですが、B型とB型ってどうなるやら・・・(笑)

喧嘩すると、そりゃ半端じゃなくとんでもない行動をするんよね~・・・(汗)

皆さんは今のパートナーと相性とか見てみた?

外国人でも日本人でも血液型による性格って出てるかも・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 9日 (日)

出会い⑤

前回の出来事から1週間後。

今回は一人でお店に来た。後輩のオキニはなぜ一人なの?と言わんばかりの視線で出迎える。

今回は私のオキニとゆっくり話をしたかったのだ。

ママも先週の出来事を知っているようで、「大変だったらしいね、うちの子が迷惑掛けてごめんね」と言って隣に座ってきた。しばらくママと話をしてると、私のオキニが「イラッシャイマセ~」と恥ずかしそうに登場した。

ママは意味深にニヤリとしながら席を立った。見渡すと、タレント達が皆、ニヤリとしながら手を振る。例のシンガーの子は、「ドウシテ ワタシジャナイ・・・」と言いたげな目で私を見る。気になりながらも、私のオキニと話を始めた。

結局、今夜もラストまで居座り二人でアフターに行く事にした。

閉店後、着替えたオキニを見てドキドキする自分に落ち着けと言い聞かせていた。

今夜は お互い店でたくさん食べたので腹は減っておらず私の部屋に行く事にした。

部屋に着くと彼女は落ち着かない様子で、部屋中を見てまわる。

当時、私は一人で2DKに住んでいたが、彼女はまるで鑑識のように風呂場からトイレまでも見ていく。

私はビールを片手に家宅捜索を立ち会っていく(笑)

彼女は部屋の詮索に気が済んだようで、ソファーに腰掛けた。

今度は、私の過去について尋問が始まった。「アナタハ ホントニヒトリナノカ?」「ケッコン シテナイカ?」など質問攻めである。

私は、自分がバツ一であることを告げ、子供も二人いた事を告白した。

彼女は少し驚いた感じではあったが、今の生活を確認したので気にしてないようだった。

私が彼女の隣に座ると彼女は緊張した様子で、警戒しているのがわかった。

そんな彼女を見て、私の中の恋心が確かなものであることを確信した私は、彼女に触れる事も無く話を進めた。

あっと言う間に、部屋に返す約束の時間である。私は、今回はこれで良しとし、彼女を寮に送って行った。

これが彼女との交際の始まりであり、2回目の訪問で彼女をモノにした。

この彼女(サラ)こそ、今のアサワである。

・・・続く。

インターネットで儲ける40日間の稼ぎ方

| | コメント (0) | トラックバック (1)

出会い④

私は店の上にある寮に着いた。

ルームメイトの女の子達が私を部屋に連れて行く。

そこには私が指名していた子がワンワンと泣いている。何があったのか問いただしても言わない。しばらくすると落ち着いてきたので、「どうして泣いているの?」と優しく話しかける。すると彼女がべそをかきながら話始めた。

「アナタガ ババエトハナシシテタ・・・ ワタシヨリ チガウババエガイイデショ。」と言った。

へ?それだけ?

私と後輩の指名の子はお互いの顔を見ながら呆れてしまった。

他の同室の子は呆れてベッドルームに行ってしまった。残った後輩のお気にと一緒に話しを進めると大体の内容がわかった。

ようはこうである。私のオキニはどうやら私の事が気に入り、好意を持っていたらしい。自分の中ではいつも指名してくれるので、私も好意があると思っていたらしい。しかも、タレント達の中で私の話が盛り上がっていたらしいのである。

お店にはシンガー組とダンサー組がいて、部屋もシンガーとダンサーで別れている。

私の気になっていたシンガーの子も私に好意を持っていたらしい。別に自慢したい訳ではなく、数人の子が私を狙っていたのがわかった。

ようはアフターで私を狙うシンガーの子が私と仲良く話をしているのを見て、ヤキモチと私がそのシンガーに取られたと思ったらしい。

私からすれば、びっくりである。こちらにはまだそこまでの感情が入ってなかったからである。しかし、彼女をなだめるうちに、そんな彼女がかわいく見えた(笑)

彼女に「アコはあなただけでいいよ」と言って優しく彼女のほっぺにキスをして部屋を出る。彼女は車まできて見送ってくれて、来週も来る事を約束し、車に走らせる。

自宅に着くと、空はすっかり明るくなっていた。部屋に戻り、目覚ましのシャワーを浴びる。

シャワーを浴びながら、彼女の事を思い出し少し照れくさくなっていた。同時にタレントの子達のイメージが変わっていくのが胸の中で感じた。

これが恋の始まりだろうかと、一人でニヤニヤしながら仕事に行く準備をした。

寝てないことも忘れて、彼女の顔を浮かべながら仕事に出掛けた。

・・・・続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出会い③

先日から1週間。

当然、後輩からは誘いがある。

私は、同僚2人を誘い4人でお店に向かう。

今回は私のおごりである。早めに切り上げなければ・・・(汗)

早速、お店に入ると同僚がソワソワ・・・後輩と二人で笑っている。

ママがお客を連れてきたので、笑顔で飛んでくる(笑)

今回は違う子も見ようと、ママにお任せでいいと言った。

しかし、ママが変に気を使い私と後輩は前回と同じ子が・・・

後輩は気にもしてないので、私もヨシとした。

しかし、同僚についた子はシンガーの子で、かなりかわいい感じである。

緊張する同僚と女の子に話しかけて、場を和ませる。

私は皆に話を振りながら楽しませる。

既に入店から3時間が過ぎ、閉店間際である。チョット 出費が痛い(泣)

皆、名残惜しいようなのでアフターでも行こうか?と聞くと皆は即答で「行く~♪」

ママを呼び、女の子4人をアフターに連れて行くことを話して私の携帯番号を教えた。

アフターと言っても、ここら辺は夜中に遊べる所もあまり無く、ラーメンでも食べようかという事になった。

ラーメン屋に着くと、同僚に付けたシンガーの子が私の方に来て話しかけてくる。

私はあまり気にせずに話していたが、いつも指名する子もいるのでどちらにも気を使いながら話していた。

ラーメンも食べ終わり、楽しい時間も終わりが近づいてきた。

女の子達の寮に向かおうとした時、ふと見ると私の隣で指名の子が怒った感じで黙っている。私には何があったのかわからずに聞いても何も言わない・・(汗)

寮に着いても、隣でムスッとしてるがとりあえず解散となり、男達は帰路につくのであった。

皆を降ろし、自宅に着いて一息ついていると、突然携帯が鳴る。

こんな時間に誰かと思い時計を見ると、朝4時半をさしている。携帯には知らない番号からの着信。とりあえず、携帯を取り「もしもし?」と言ったとたんにすごい勢いで話してくる。

「ワタシダヨ、クーヤ!サラニ ナニシタノ~!」と覚えのある声が・・・

後輩の指名の子である。どういう意味かも解らず、何があったのか聞いてみると、「サラガ カエッテキテ ナイテバカリダヨ。クーヤ サラニ ナニシタ!」と怒っている。

私は訳が解らず「とりあえず今から行くよ」と伝え電話を切る。

脱ぎかけていた服を慌ただしく来て車を走らせる。

・・・続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出会い②

2回目のお店では、また来てくれたと皆が笑顔で迎えてくれる。

後輩と私は、名前も覚えてなかったが先日の来店の時に隣についた子を指名する。

隣にきたサラは「シメイ アリガトウゴザイマ~ス」と笑顔で話す。

この日も、3時間があっと言う間に過ぎていった。

私はあまりお店の子に感情を抱かないようにしている。

お店の子は仕事だからである。おだてられても、笑って終わりである。

しかし、後輩はかなり気にいった様子だ。

来週も来るそうだ・・・(汗)

・・・・続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出会い

そういえば、うちのアサワとの出会いって話してなかったなぁ。

私がありきたりな感じである。

2年前にさかのぼるが、会社の後輩の入社祝いで飲みにいった時のことだ。

上司の勧めでフィリピンパブとやらに行くらしい・・・

私はあまりお店に行って飲むことはない。

しかも、地元ではないので何処にお店があるのかもよく知らなかった。

上司に連れられるままにお店に到着。

お店に入ると13人ほどのフィリピーナによるお出迎え。

仕事柄フィリピン人とは毎日接しているがお店は始めての体験である。

特に指名もないので、ママに適当に付けてもらう。

私の隣に来たのは、小さなフィリピーナ・・・

身長は140~145cmといったところだろうか。

彼女は日本語で話し掛けてくる。

「クーヤ、ハジメマシテ~。サラデ~ス。」

私は人見知りがあるのでぶっきらぼうに挨拶する。

しばらくすると私も慣れてきて、トークに熱が入る。

関西出身だからだろうか、私は人と話すのが好きで、笑いをとりたがる。

当然、ここでも笑いをとり、盛り上げる(笑)

彼女は気に入ってくれたのか、すごく楽しそうにしてくれる。

そんな楽しい時間も3時間が過ぎ、お開きとなった。

後輩も私も大満足で店を出た。

3日後の土曜日。後輩からまたお店に行きたいと誘われる・・・。

誘われるまま後輩と共に、先日のお店に行ってしまった。

・・・・・続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 8日 (土)

事件現場・・・

先日4月4日午前8時50分ごろ愛知県岡崎市河原町にて派遣会社社員が元従業員に刃物で刺され重症を負った事件をご存知だろうか。

実は、事件発生から1時間後に あの場所を通りました。

そのときはニュースも聞いておらず、何事かとびっくりしてました。

道路を封鎖して、警察関係者が緊張した現場を取り囲んでましたからねぇ。

身近な場所で、恐ろしい事件が多くなってきたと思いませんか?

日本の安全神話は本当に崩壊したんだなぁと思う今日この頃です。

皆さんも、気を付けて生活しましょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 5日 (水)

夜の散歩

先ほど 夕方にやっと雨があがった。

折角の桜シーズンなのに・・・と思っていたら、いつの間にか夕日が・・・(喜)

帰宅して、無性に散歩したくなりアサワに散歩に行こうと提案。

アサワはいきなり何事かと言う顔をしていたが、喜んで行こうと言ってくれた。

ただの散歩だともったいないので、無理やり買い物するものを考えて近くのドラッグストアー経由で散歩コースが決まった。

なぜ散歩かというと、うちのバハイは隣に公園があり遊歩道もあるのです。

公園と遊歩道の間の通りには桜並木が続くのです。

玄関出ると桜がたくさん見れるので、一年で今の時期が一番楽しいんです。

だから、桜が散るまではうちの夫婦はしょっちゅう散歩に出掛けるのである。

おいらのダイエットとアサワの妊娠中毒症防止にもなるのですね~なはは・・(笑)

みなさんもたまにはゆっくりと上を見上げながら歩いてみませんか?

いつもと違う景色、気がつかなかった物が見えるかもね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月 4日 (火)

夜桜♪

さて、いよいよ桜が綺麗に咲いてきましたね~。

わたくしは土曜の夜に行ってきました!!夜桜見物♪

うちのアサワは桜が大好きなので大喜び。

会社の社長一家と、うちの夫婦、従業員(フィリピン人)も数人連れて岡崎城に行きました。

とても、人が多く疲れましたがアサワはご満悦の様子なのでヨシとしました。

今週はもっと綺麗だろうなぁ・・。

先週の桜の開花状況はこんな感じです。

Img_0340

皆さんも、是非花見に行きましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風邪をひいてしまった

不覚にも風邪をひいてしまい、咳がひどくでる・・・(汗)

当然、うちのアサワは仕事を休めだ、病院に行けやとうるさく言うが、なかなか仕事が休めないのが日本人の悲しさだろうか・・・。

フィリピンの女性はとにかく健康には、かなりうるさいのである。

体調の不良を口に出すと、病院だとか薬だとか、休めだとか大変なので、少しぐらい体調が悪くてもあまり言えない(汗)

心配してくれるのはいいが、落ち着くまでが大変だから・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 3日 (月)

田舎に行こう

皆さんはフィリピンの田舎の市場の様子をご存知だろうか。

所々に点在するモール(デパート)などではなく、地方にある市場はこんな感じである。

Img_0281

昔の日本の闇市のような感じがするのは俺だけだろうか・・・。

野菜などはまだ良いが、肉・魚もこの中の店で売っている。(汗)

日本人には、あの肉屋をみるとちょっと気が引けるだろう・・・。

しかし、おいらは慣れてくると市場に行くのが楽しいのである。

おいらはモールに買い物に行くよりも、市場が好きなのだ。

田舎に暮らしたいおいらには、最高の土地である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »