« 血液型って・・・ | トップページ | 『感じる・・・』 »

2006年4月13日 (木)

路上に倒れた老人んが・・・

さきほど、家の近くの一方通行を走行してると、道端に何か大きな塊が見える・・・

車の速度を落として、ゆっくり近づくと自転車に絡まった状態で老人が倒れている!

車を停めて、近づくと老人が自転車に奇妙な絡み方をしたまま動かない・・・(汗)

私は老人に声を掛ける「おじいさん、大丈夫ですか?どうしたんですか?」と声を問いかけた。

おじいさんは「大丈夫、大丈夫」と言うだけだ。

大丈夫と言うが動けないようなので、おじいさんに声を掛けながら自転車を外してあげる。

しかし、おじいさんはうずくまったままである。

話しかけても大丈夫しか言わない。仕事の時間が迫る。

もう一度おじいさんに「本当に大丈夫?」と確認すると、おじいさんは「お世話掛けました」と言って自転車の横に座り込んだ。

私はおじいさんが、ちゃんと帰れると言うので、心配だがその場を離れる。

仕事を済ませ家路につく私は、先ほどの場所に近づくとおじいさんを思い出していた。

どうしても、おじいさんが気になるので、回り道をして先ほどの場所に向かう。

先ほどの一方通行に入ると車のヘッドライトをハイビームにして、覗き込む・・・

すると、やはり路上に何かがあるように見える。

まさかと思い、近づいて見ると やはりおじいさんがいた。

路上で寝転がっている。あれから1時間が経っている。

声を掛けると、「大丈夫~」と言っている。

抜け道なので、ちょこちょこと車が通る。私も最初がゴミ袋のように見えたので、通る車も人とわかりづらいと思う。

その時、車が近づいてきたので、手を振って徐行を促すがすごいスピードで近づく・・(驚)

おじいさんのすぐ横をそのまま通り抜ける。まったく・・・今の人は危険な運転だわ・・。

私はとりあえず、110番に電話してパトカーを呼んだ。

警察が来るまでおじいさんに話し掛けて状態を確認すると・・・・・

なんと、おじいさんは仕事帰りに一杯飲んできたらしい・・・・(呆)

酔っ払いである・・・(汗)

しかも、座り込んだままオシッコをしている・・・(泣)

とりあえず、警察が来るまではと思い、路上から立たせて道路脇に移動させる。

しかし、座らせて手を離すと、また路上まで寝返りをうつ・・・

そこへ、パトカーが来た。

警察官に発見した時からの状態を説明する。警察も呆れ顔である。

しばらく、警察官が話しかけたがおじいさんは、夢心地・・・(汗)

結局、警察署に行って所持品から確認した住所に送っていくとの事。

警察官の一人から「おじいさんの為に貴重な時間を取らせました。ありがとうございました」と一礼され、その場を離れ家に帰った。

アサワに先ほどの一件を話して、ふと思った。

私がいる間だけでも数台の車が通り、戻ってくるまでの1時間にもたくさんの車が通っているはずなのに、誰も気に留めない。

おじいさんが夜道に倒れているのに、誰も助けてあげない。

もし、私が通報しなければ車にひかれるか、風邪でもひいていただろう。

これが今の日本なのかと思うと、少し寂しさが込み上げてきた。

悲しい世の中である・・・・

|

« 血液型って・・・ | トップページ | 『感じる・・・』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43476/1385186

この記事へのトラックバック一覧です: 路上に倒れた老人んが・・・:

« 血液型って・・・ | トップページ | 『感じる・・・』 »