2006年4月26日 (水)

出会い⑧

なんかシリーズものみたいになってきたなぁ(汗)

出会いシリーズ第8話(笑)

空港からのその後!!

空港にて彼女の家族に合流、初めて見る家族と彼女の子供。

皆が引きつった笑顔で迎えられて迎えの車に乗り込み、疲れからウトウトしだした俺。

車が走りだしてすぐに「ガタン!!」と車が何かに乗り上げた感じがした。

私は「何だ?どうした?」と周りを見る。そんな私を彼女や家族は不思議そうに見る。

彼女にさっきの揺れを聞くと、どうやら道路のhumpsと言って徐行する場所には10cm~15cm位の盛り上がりを施してある。

「ほぉ~・・」とフィリピンの道路状況を新鮮に感じる。無視して行けば、車のサスペンションが壊れてしまうと言って、皆が減速するそうだ。

眠気はあるが、異国の地に緊張とときめきが入り混じり眠れない・・。

彼女を通して子供に話し掛ける。子供は恥ずかしそうに異国人(私)を彼女の陰から見つめる。彼女は一生懸命に子供に話しを勧める。

なぜなら彼女とはある約束があるからだ。

それは、

①私がフィリピンに行って彼女の家族に会い了承をもらうこと。

②子供に会い、帰るまでに子供が本当に私の子供になるのか子供に確認する。

③私が子供に会い、子供を自分の子供として受け入れられるか。

以上の事がクリア出来なければ結婚出来ないと話しをしていたからだ。

子供を彼女から切り離す事は出来ない。なので、子供をかなり重視していたのだ。子供をフィリピンに置き去りに彼女だけ日本で暮らし続けるのは出来ない。いずれ、私が子供を引き取りたいと考えていたので、子供がどの様に感じるかが気になっていた。

しかし、まだ子供は俺との距離を保つ・・・(汗)

そんな子供に寂しさを感じつつ、久しぶりに会う彼女との会話が弾む。

「まだか?」と聞いたら、「ん?まだマニラよ。今から5時間位」とさらりと言う彼女。おいおい・・・・(汗)

車に揺られる事5時間少々。外はぼんやりと明るくなり、景色が見えてきた。道路以外、何も無い・・・(汗) これは予想以上だ(汗)

幾度となく、町を通り過ぎていく。しばらくすると、車が国道からそれて行く。

彼女を起こして、近いのか聞いてみた。「もうすぐだよ~」と言って起き上がる。私も座りなおす・・・ん?・・・足はむくみ、しびれている。腰は激痛が走る。

そう、同じ姿勢で5時間以上座っていたので、体がガタガタである。そりゃそうやわな・・・(汗)

彼女の家に着いた。家から家族がゾロゾロと出てきて初めて訪れてきた日本人に物珍しさなどの興味本位な視線を感じる。

着いた場所はNUEVA ECIJA州(州でいいのかな?)SAN JOSE CITY。

マニラから昼で6~7時間、夜で5~6時間ほど北上した田舎町である。

景色は田畑が数キロ先まで見える平穏な雰囲気である。

家に辿り着くまでに、書き込みが長くなったので、今日はここまでにしよう。

今度、書く気になったら続きを書きます。

おやすみなさいzzzzz

Img_0231_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年2月 5日 (日)

私の副収入

普段は普通の会社員ですが、こんなことして副収入を得てます。http://www.torapro.com/unclehs/index.php?iid=72&introducer=seita

http://www.mypre.com/index.aspx?sid=49389

| | コメント (0) | トラックバック (0)